ぺプチグロース株式会社

<span>PG-008</span>Wnt3a代替ペプチド(β-カテニン経路アゴニスト)

PG-008Wnt3a代替ペプチド(β-カテニン経路アゴニスト)

Wnt3aと同様の機能を持つ
完全化学合成ペプチド

PG-008は、FrizzledならびにLRP5/6に対する選択的な結合性をもつ2種類の環状ペプチドのヘテロダイマーで構成されます。 Wnt3aと同様にWntシグナルのβカテニン経路に対するアゴニスト活性を示します。

Wnt3a
Wnt3a代替ペプチド(β-カテニン経路アゴニスト)

※イメージ図

リコンビナントWnt3aよりも優れたアゴニスト活性

HEK293細胞におけるTCF-LEFレポーターアッセイ(ルシフェラーゼ)を用いて、リコンビナントのWnt3aとPG-008の活性を比較した結果、PG-008はより低濃度で強いレポーター遺伝子を活性化させ、Wnt3aよりも優れたアゴニスト活性を持つことが示されました。
レポーター遺伝子の活性化

CHIR99021と比べ極めて低い濃度で細胞分化誘導活性を発揮

iPS細胞から胚体内胚葉への分化誘導において、CHIR99021、リコンビナントWnt3aならびにPG-008を用いた場合での分化誘導効率を比較しました。その結果、リコンビナントWnt3a(50 ng/mL,約1.3 nM)を使用した場合、分化誘導効率はおよそ60%でした。一方、PG-008およびCHIR99021を使用した場合、98%以上の効率が得られ、PG-008は1 nMの低濃度でCHIR99021を3 µM使用した場合と同等の分化誘導効率を示しました。
iPS細胞の胚体内胚葉への分化誘導効率

サンプルのご依頼・製品のご購入

「成長因子代替ペプチド」の製品に関するお問い合わせはCONTACT「お問い合わせフォーム」または、下記販売代理店までお問い合わせください。試験研究用の販売に加え、バルク供給および、再生医療・細胞治療の製造に使用できるGMP準拠品のご提供も可能です。

販売代理店

株式会社医学生物学研究所(MBL)(PG-002のみ) https://ruo.mbl.co.jp/
関東化学株式会社 https://www.kanto.co.jp/products/baio/saibou/bio_additives/peptigrowth_peptides.html
キシダ化学株式会社 https://www.kishida.co.jp/inquiry/input
フナコシ株式会社 https://www.funakoshi.co.jp/

※五十音順