ぺプチグロース株式会社

<span>PG-002</span>TGFβ1阻害ペプチド

PG-002TGFβ1阻害ペプチド

既存の低分子阻害剤(キナーゼ阻害剤)は細胞内で作用する必要性や、その特異性に問題があり、中和抗体は高価かつアニマルフリー証明が難しいなどの課題を抱えています。ペプチグロースの「PG-002」は、細胞外でTGFβ1 リガンド に結合し、阻害活性を発揮する特殊ペプチドです。完全化学合成で製造されるため、アニマルフリー証明の提供が可能です。

TGFβ1シグナルの阻害方法

TGFβ1シグナルの阻害方法 イメージ1
TGFβ1シグナルの阻害方法 イメージ2
TGFβ1シグナルの阻害方法 イメージ3

※イメージ図

中和抗体と同等の阻害活性

TGFβ1に対する阻害活性をSBEリポーターアッセイにて測定した結果、0.13nMのTGFβ1に対して、「PG-002」は、10nMで100%の阻害活性を持ち、市販の中和抗体と同等の阻害活性を持つことが分かりました。オフターゲットパネルアッセイにて主要なシグナル経路を阻害しないことも確認しております。培養においてTGFβ1の中和が必要な場合に効果を発揮します。

TGFβ1に対する阻害曲線

PG-002 製品概要

製品形態 凍結乾燥品
保管条件 -20℃以下
純度 95%以上(HPLC)
分子量 2587.90 (Acetate)
容量 10µg、100µg(バイアル1本あたり)